よくある質問,不動産売却,不動産購入,記事

~不動産買い替え成功のポイント~

『買い替えを成功させるコツ』

 

こんにちは。

ハウスグラント株式会社 浅野です。

 

 

自宅を売却し、次の家を買う。
いわゆる『買い替え』を成功させるための、
『ポイント』をお伝えします。

 

「先に売る」か「先に買う」かを決める !

 

「家が売れてからでないと、住み替えってできないのでは ?」「先に次の家が決まってないと、不安で売りだせない…。」
不動産の買い替えで重要なのは、「売却」と「購入」のタイミング。どちらを先に始めるかが決まれば、買い替えは成功したも同然 ! それぞれのメリット・デメリットを比較して、あなたにとってどちらが良いのかを考えてみましょう。

 

先に売る(先行売却)

・先に売り出しながら、平行して購入先を探していきます。

・売却先が決まった段階で、購入先も確定していきます。

 

先行売却のメリット

自宅の売却期間にゆとりがあるため、売り急ぐ必要が無い。

 

先行売却のデメリット

買い替え先の物件を探す期間に限りがあるため、見つからなければ賃貸に仮住まいが必要になる。

 

※こういう考えの人にピッタリです

買い替え先の物件を購入後、自宅が売れなくて、ローンが二重になるのは支払いが苦しい。

時間がかかっても、納得のいくできるだけ高い価格で自宅を売却したい。

 

 

●先に買う(先行購入)

・先に購入先を探し、平行して売却も考えていきます。

・購入先が確定した段階で、売却活動を行っていきます。

 

■先行購入のメリット

買い替え先の物件を探す期間にゆとりがあるため、気に入る物件が見つかるまでゆっくりと探せる。

 

 

■先行購入のデメリット

自宅の売却期間に限りがあるため、売り急ぐ必要がある。売れなければ二重ローンになる可能性もある。

 

 

※こういう考えの人にピッタリです

本当に気に入る物件がなければ、買い替えはしたくない。

自宅のローンはすでに完済している。

 

~買い替え特約~

買い替え特約とは、購入物件の契約に付帯できる特約で、「○月○日までに自宅を○○万円以上で売却できなかった場合、契約を白紙解約できる」というものです。ただ、買主様にとっては安心材料となりますが、売主様には大きなリスクとなるため、売主様の同意を得られるケースは少なく、実際に買い替え特約付きの契約が行なわれることは稀です。

 

~買い取り~

買い取りとは、一般消費者ではなく、不動産業者に自宅を買い取ってもらう売却方法です。メリットは、売却時期と手元に入る金額が早くに確定する事。デメリットは、一般消費者向けの売却に比べ、金額が下がる事です。買い替えで売却期限が決まっている場合、金額さえ折り合えば、オススメの方法です。また一定期間、一般消費者向けに売却を行い、その期間内に、売却の契約が成立しなかった場合、買い取りを依頼することも可能です。

 

 

 

また、買い替えを考えていくときに色々な疑問点や不安点が出てきますので、気になった時点で担当営業スタッフに確認して頂けますと分かりやすくお伝えいたします。

 

 

大阪市での不動産買い替えのことならハウスグラント株式会社にお任せ下さい!!

この記事を書いた人
ハウスグラント
ハウスグラント

この人が書いた記事を見る≫