記事

北向き物件のメリットとデメリット

北向きの物件は日当たりが悪いというデメリットがあります。
陽射しが入りにくいので、一日中暗かったり、ベランダに洗濯物を干しても乾きにくいといったデメリットは大きいですが、一日中家にいない方にはメリットになる可能性もあります。

 

 

家にいなければ、部屋が暗いこともそれほど気にならないでしょう。
また北向きの物件ということで、家賃が他の部屋より安くなる可能性があります。

 

 

これは北向きの部屋のメリットの一つです。
夏の間は、陽射しが入らないことはメリットになります。

 

 

陽射しが入ると気温が上がって、部屋が暑くなりますが、北向きの物件では夏の間我慢できないような暑さになることはないでしょう。
このタイプの物件は部屋を借りる時に避けた方が良いとよく言われますが、デメリットだけではないのです。

 

 

一人暮らしの方で家賃を節約したい方だったら、お勧めの物件の一つです。
ただし、家族をお持ちで小さなお子さんがいる家庭だったら、避けた方が良いかもしれません。

 

 

小さなお子さんにとっては、陽射しがたっぷり入る部屋が健康的ですし、気持ちも明るくなるでしょう。

 

スクリーンショット 2015-10-02 10.15.50

この記事を書いた人
ハウスグラント
ハウスグラント

この人が書いた記事を見る≫