中古住宅,社長ブログ

子ども部屋は年ごとに変化できるものがいい理由

IMG01429-1 

みなさん、こんにちはハウスグラント渡辺です。

 

子どもを持つご家庭でよく聞かれる悩みが子ども部屋についてです。

 

子ども部屋は年齢によって変化を行う方が良いと考えられています。

 

その理由の一つ目は、勉強机が年齢によって使い勝手が変わってしまうからです。

 

まだまだ小さいうちはリビングなど家族の目の届くところで勉強などをする方が良かったり、小学校に進んでしばらくすると個室で集中して勉強をしたいと思う子どもも増え、親子さんも子どもの勉強について厳しく考えるようになってくるからでしょう。

 

二つ目は、部屋を変化させることでプライバシーを守ることができるからです。

 

はじめはきょうだい一緒の子ども部屋だったのが、
大きくなってくるとそれぞれの子ども部屋にするというのは、
子ども達にとってプライバシーを守り、
個性を伸ばすことにもつながっていきます。

 

子どもに使いやすい部屋にするには、リフォームやリノベーション時に考える事が大切です。

 

家を建てる時と子どもが成長してからではニーズが異なってくる事はよくあります。

 

家を建てる際にはその時々に合った部屋の使い方ができるように柔軟性を持って、対応できるように初めから考えておくのがおすすめです。

 

完成物件の場合は、家具を変える事でスペースが出来たりもします。

 

ベットが上で机が下にあるような家具ですと少ないスペースでもプライバシーが確保できます。

 

私は、職業がらたくさんのご家族のお話を聞く事が多いのですが、子育てにはやはり会話が大切だと感じております。

 

1人部屋がないお子様がスポーツでも全国的に活躍しながら「消防士」をめざしてすごくまっすぐに成長されていたりもします。

 

 

お子様の成長に合わせプライバシーを確保ももちろん大切ですが、ご家族がコミュニケーションをとれるお部屋つくり、関係つくりが大切ですね。

この記事を書いた人
ハウスグラント
ハウスグラント

この人が書いた記事を見る≫