ブログ,不動産売却,社長ブログ

任意売却後に住み続ける方法

 

staff_07_01

こんにちは、ハウスグラント株式会社渡辺です。

 

今日は、任意売却について書きたいと思います。

 

経済状況の変化や体調を崩されてお仕事ができなかったりと

ご事情があって住宅ローンの返済が滞ってしまわれる方

もいると思います。

 

 

「愛着のある自宅を手放したくない」

「子どもの学区を変わりたくない」

 

などの理由で任意売却に抵抗をお持ちの方も

たくさんいらっしゃるでしょう。

 

しかし、放っておけばそのまま競売にかかってしまい、

他人の手に渡ってしまうことは確実です。

しかし、任意売却ならそのまま今の住まいに

住み続ける方法もあります。

 

家賃を払って住み続ける

「家賃を払って住み続ける」その方法って?

ご相談者様が売却後もそこに住み続けたいと思った場合、

任意売却では購入者(投資家や不動産業者)の協力を得て、

それが可能となる場合があります。

 

まず、競売を避けるために、ご自宅の名義を変更する必要があります。

任意売却という方法で投資家や不動産業者の方へ売却し名義変更をします。

その後、投資家や不動産業者の方に家賃を支払って住み続けることが可能です。

 

必要な手続きを事前にとっておけば、数年後には

ご自宅を買い戻して頂くこともできます

 

もちろん債権者(金融機関など)の同意を得るための交渉も、

必要です。債権者は、競売になった時の売却値と任意売却の

売却値、残債、買主も含め同意出来るか検討します。

 

交渉はすべて、私たち不動産業者の仕事です。

 

任意売却の売主様は、賃貸の契約も難しい場合がありますので

状況を踏まえて、買主様と家賃の交渉もします。

 

売却値と家賃の交渉がまとまれば、

親族や近隣の方には知られず、

そのままご自宅に住み続けることが

可能となります。

 

 

 

 

この記事を書いた人
ハウスグラント
ハウスグラント

この人が書いた記事を見る≫