ブログ

中古分譲マンションを購入する前に|知っておきたいメリット・デメリット-デメリット編

これから中古分譲マンションを購入しようと思っている方は、中古分譲マンションのデメリットをご存知でしょうか?
中古分譲マンションは確かに価格が割安でお得ですが、購入する前に注意点を知っておかなければ後々後悔してしまうかもしれません。

 

今回は、納得のいくマンション選びができるように、中古分譲マンションのデメリットをご説明しようと思います。

【中古分譲マンションのデメリット】

・築年数が古い
築年数が古いものほど、価格も安くなるのでお得と感じます。
ですが、住宅ローンが減税されたり、登録免許税・不動産取得税が軽減されたりするのは、マンションの場合「築25年以内(※それ以上古い場合でも新耐震基準を満たしていれば可)、登記簿面積50平米以上」などの条件があります。

 

したがって、築25年以上の物件になると、税金が安くなりにくくなってしまいます。

 

・誰がどのように使用していたかが分からない
築年数が古いのとは逆に、5年以下の比較的新しい物件の場合、前に住んでいた人が早く引っ越さなければならないような、「何らかのトラブル」を抱えているマンションかもしれません。

 

住み替えの理由が転勤や単なる引っ越しなら良いですが、そのことを聞くわけにもいきませんよね。
したがって、中古分譲マンションでは「以前誰がどのように使用していたかが分からない」という点もデメリットと言えるでしょう。

 

いかがでしたか。
中古分譲マンションを購入しようと思っている方は、これらのデメリットも考慮した上で納得のいくマンションを購入してくださいね。

 

 スクリーンショット 2015-10-02 10.15.50

この記事を書いた人
ハウスグラント
ハウスグラント

この人が書いた記事を見る≫